• Facebook Social Icon

お問い合わせ先

担当:久野(くの)

平日10〜19時

​ダイバーシティ工房採用情報サイト

Copyright © ダイバーシティ工房. All rights reserved.

どんな背景を持っていても

​受け入れられる社会

わたしたちは、千葉県市川市で40年以上、ひとり親家庭や学校に行っていない子どもたち、 そして発達障害の子どもたちとその家族に寄り添った学習環境をつくってきました。

 

現在は学習支援にとどまらず、地域や行政、学校などと連携し、 大人も子どもも安心して過ごせるまちづくりに取り組んでいます。

ビジョン

ひとり親、不登校、発達障害など

​社会制度のはざまにある課題に取り組んています

見つける

気軽に立ち寄れる場所をつくり、潜在的に課題を抱えている家庭と出会い、早期に家庭とつながり、切れ目のない支援を行います。

地域のコミュニティスペース・カフェ&無料の学習支援教室

地域の学び舎「プラット」

企業主導型保育園

にじいろおうちえん

​小規模認可園

そらいろおうちえん

学びを応援する

生きづらさを感じている子どもたちを対象に学校や家庭環境、本人のその日の気持や特性に寄り添い、安心して学べる環境をつくります。

高校進学に不安がある中学生へ

自在塾

発達障害を持つ小中学生へ

スタジオplus+

※児童福祉法に基づく放課後等デイサービス事業

​※千葉県市川市・船橋市、東京都江戸川区内に5教室運営

仲間を増やす

​生きづらさを感じている子どもたちを支援する専門家や支援者を増やすことで、社会を巻き込んで課題の解決を目指します。

研修を通じたノウハウの共有

母子家庭の生活支援を行う母子支援施設、教員や保育士を目指す大学において研修を実施しています。

クラウドファンディング

世の中に呼びかけ共感した人から資金を集める方法です。

資金調達だけではなく、課題を広く発信し、当事者ではない層にも課題を知ってもらうことを目的に実施しています。。

​これまで420万円以上のご支援を頂いてきました。

事業内容

こんにちは、代表の不破です。


ダイバーシティ工房は、スタッフの年齢や経験も多様で、どんな職種の人も自分の考えやビジョンを求められます。

 

だらこそ、あなたが本当に必要だと思ったサービスが、翌年には実現している可能性もあります。

 

今までの人生であなたが社会に感じていた生きづらさや違和感が、事業を始める上で貴重な原体験になるかもしれません。

 

今までになかった新しい事業を形にしていくことで、困っていた人たちが少しずつ笑顔になっていく姿を見る嬉しさは、他に変えられません。

 

10年、20年先の日本の教育や福祉を見据えながらも、目の前の地道な努力ができるという方、ぜひ一緒に働きませんか?

​不破牧子 ふわまきこ

社会福祉士・保育士・日本語教師

学生時代にオーストラリアを始め20カ国以上を旅し、世界の教育を学ぶ。商社、大学勤務を経て、2010年より千葉県市川市のひとり親家庭や発達障害の子どもを対象とした事業を開始。

代表からのメッセージ

クレドとは、ラテン語で「信条」を意味します。 


私たちは、「工房らしさって何?」という問いに答える形でこのクレドを作りました。

 
クレドの中には、私たちが大切にしてきた価値観、そしてこれからも大切にしたい価値観が盛り込まれています。

  1. 私たちは、自分自身の課題と、目標を常に意識し、逃げずに向き合います。 
     

  2. 私たちは、自ら考え、意見を持ち、それを伝えることを恐れません。 
     

  3. 私たちは、社会に対して常に問題意識を持ち、自分ごととして向き合います。
     

  4. 私たちは、気持ちよく働ける職場には、笑いが不可欠であることを意識して働きかけます。
     

  5. 私たちは、疑問や悩みを素直に言えるマインドを持ち、それに応える職場環境を、対話を通してつくります。 
     

  6. 私たちは、異なる価値観の存在が、団体の財産であると考え、積極的に受け入れます。 
     

  7. 私たちは、自分自身の成長が、組織の成長へつながることを意識して働きます。
     

  8. 私たちは、現状に満足せず、常に課題の構造を分析し、最良の解決策を探求し続けます。 
     

  9. 私たちは、日々の活動の先に、社会課題の解決があると意識して働きます。 
     

  10. 私たちは、自分が変わることで、社会が変わると信じて、行動します。

クレド